2009年12月04日

相場表をまとめてみて 12/ 4

疲れたー、初回だったので調査に1時間半。
打ち込みに3時間くらいかかってしまったようです。

ざっと見た感じ思ったのは、やっぱり相場サイトって言う存在は非常に大きかったのではないかなと言うのが第一印象。

見ていて非常にばらつきがあるなぁと感じました。
っというか思った以上に自分が調べた物に関してはなかなか落ち着いた相場でしたのでひとまず安心。

まあ兜の素早さ30に若干の買占め転売の香りがしますがね・・・

あ、後初回なんで軽くこの表の見方だけでも説明しておきますね。
次回以降はこの説明省きます。
一応テンプレでも作って、ここ見ろ的な書き方はしときます。

一応基本的に斬りで必要かも?って思うもののみの調査をしてます。
余裕があれば増やすかもしれませんし、減らすかもしれません。

そのあたりはまあ気分でやらせてもらいます(笑

強化書の種類が抜けてるところはその時販売してなかったので書いてません。

最安値、最高値については説明いらないですよね。



出品者平均
・調査した時点で何人の出品者がいくらで出していたか、そしてそれの平均を算出してます。
 強化書の個数は関係ありません。仮にAが10枚1m、Bが20枚2mで販売していたとしても、出品者平均は1.5mになります。

この人はいくらでこれをだした。って言うのを調べてます。

メリットとしては、単純にみんなの中間地点が分かる。
枚数に惑わされずに、出品者の方たちの丁度ど真ん中の金額が分かるので、ひとつの基準になります。
個人的には出品する際こちらの金額で出すと、何百枚一気に出そうが相場は荒れないと思います。


書1枚平均
・調査した時点でこのかりん鯖に何枚の書があり、それぞれいくらで置いてるか、全ての枚数の平均を取ってます。
 これは書全ての統計から平均を割り出してるので、最高値に近い金額で100枚とか出すと、書1枚の平均は上がるので、それはつまり相場の上昇につながります。

その逆もしかりです。



さて、この出品者平均と書1枚平均をあわせて考えると、ある事が分かります。

転売があるかどうか

というのが少しずつ分かってきます。

例えば少し触れましたが、兜の素早さ30%。
出品者平均が6.68mで書1枚平均が7.25mです。

これはどういうことか、鋭い方ならお気づきですね。


最高値に近い金額で大量に販売されると、書1枚平均>>出品者平均 となる

最安値に近い物や出品者平均より安い物を買い漁り、最高値に近い金額や、出品者平均より高く売る。

こういうのを、転売や買占めと呼んでますね。
これが繰り返されると、最安値が底上げされる=出品者平均が上がる=最高値に近いものが増える、上限が上がる と、良いことがありません。

まあうち的にも悪用されると困るので、細かい内訳・・・何mの強化書が何枚売ってる っていうのまではアップしてません。

そういうのを踏まえて改めてこのリストを見てみると、みなさんそれぞれ思えることがでてくるのではないでしょうか。

質問等ありましたら、コメントかメイポ内で内緒くれたら受け付けます。
細かい内訳公開してなどは駄目ですよ(笑

常識が通じてマナーやモラルが一般的ならある程度お話に応じることができるかと思います。

ちなみにキャラ名は「神月美久」もしくは「神月夏樹」のどちらかにいると思います。

IN時間帯は深夜〜早朝辺りかなと思います。
posted by 神月なつき at 19:06| Comment(1) | TrackBack(0) | メイポ主体日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メール友達を作って毎日がHAPPY♪トモコミュなら制限なしにいくらでも友達がつくれちゃう!!メール友達なら直接会わなくていいから安心☆そのまま仲良くなれば付き合っちゃうことも…♪
Posted by メール友達 at 2011年04月30日 18:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。